酒・アルコールとハルシオン

ハルシオンの効果について

ハルシオン

ハルシオンは睡眠薬の一種です。睡眠導入剤と呼ばれる部類の睡眠薬に当たるので、使用するには医師の処方が必要になる薬です。また、抗不安剤としての効果もあります。

 

ハルシオンの効果は、寝つきをよくすることがあげられます。催眠作用が強い薬なので、最近では精神安定剤としてよりも、不眠症治療に使われることが多いです。


ハルシオンの副作用と問題点

ハルシオンの副作用は、めまい、ふらつき、幻覚症状、記憶障害(健忘症)に陥ることがあることがあります。また、お酒と同時に服用しないでください。アルコールを飲むと効果が強く出過ぎて、意識が酩酊してしまうことがあります。また、ハルシオンを長期連用すると依存性が強く出ることも副作用の一つです。

 

ハルシオンは効果が高い分、重い副作用につながる可能性もあるので、決して自己の判断による服用は避け、医師から処方された用量・用法を守って服用してください。

 

睡眠薬として利用されること多いハルシオンですが、最近は短時間で効果がでることを乱用した服用事故のニュースを耳にすることがあります。睡眠薬の中では、有名な薬であると言ってよいでしょう。

 

ハルシオン 薬を使わない不眠治療の方法はこちら


メタボ