恐怖症の治療

恐怖症を改善したい?

恐怖症を治療を行なうには、適切な医師の判断の元で処方された治療薬が必要になってきます。良く使われる治療薬には、SSR(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などのうつ病に対して使われる薬を利用する事があります。恐怖感を感じる事や緊張をする場面でも不安を軽減する事が可能ですし、他のうつ病に使われるような薬よりも副作用が少ないのが特徴になります。

 

ただし、SSRIは即効性がありません。服用して聞き始めるのが2週間以上かかる事もありますから、ある程度は長期的に考える事も必要です。恐怖症の場合は、特定の原因から生じてきますので、その効果が表れるまではなるべく避けるという事で対処すしかありません。

 

またβ遮断薬や抗不安薬が使われる事があります。β遮断薬は、アドレナリン受容体のうち、β受容体のみに遮断作用がありまして、震えや動悸発汗などを抑える作用がありますが、対人恐怖症などであがってしまう症状が出る場合には効果が出てくるでしょう。スピーチなど人前に出る事がある場合などのみに限定して使うのが良いでしょう。

 

三環系抗うつ薬も使われていますが、SSRIが聞かなくなった人などに使用される事が多いです。副作用がありまして、、口の渇きや便秘、あるいは記銘力低下、さらに手の震え、または立ちくらみなどの症状が出る事がありますので、使用時には医師の指示に従うようにしましょう。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は激しい副作用等が無いとされています。治療開始時などに多く使われていますが、パニック発作や予期不安に効果があるとされています。しかしながら、まったく副作用が無いわけではありません。眠気やふらつき、そして攻撃性が出る事もありますし、注意力低下があるので、危険な仕事をしている場合は仕事を休まなくてはいけない可能性もあります。

 

不安障害や恐怖症の薬はある程度抑制的に使っていく事もありますので、医師の指示に従って使用してください。一時的に症状が軽くなっても使用を止めたり使用量を減らしてはいけません。医師の判断があるまでは、恐怖症の治療を続けるようにしましょう。

 

ここまで、恐怖症の薬について解説してきましたが、薬を飲まずに恐怖症を克服、改善できないものか考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、恐怖症改善マニュアルというものを紹介したいと思います。恐怖症改善マニュアルとは、新田義治という心理カウンセラーが考案した恐怖症を改善するためのマニュアルです。

 

新田義治の恐怖症改善マニュアルは、たった5分で恐怖症を改善できるという即効性の高いテクニックです。新田義治は恐怖症改善を専門としているカウンセラーです。その道のプロが監修している方法なので、信頼性が高いのではないかと思われます。

 

もし、あなたが恐怖症のつらい症状で悩んでいるのなら、新田義治の恐怖症改善マニュアルを試してみる価値があるのではないでしょうか。


メタボ

ハルシオン 効果・副作用